本文へ移動

特養ブログ

雛飾りは何歳まで飾る?

2020-03-03
大隈さんと市川さん
雛飾りタペストリー
梅田さん
本多さん
ちらし寿司・菜の花白和え・桜ようかん
継岩さんと大町介護士
3月3日 雛まつり
 
現在施設の増設工事中で、ロビーにて例年の7段雛飾りはありませんが
 
「何歳まで飾るとやろか?」の質問が・・・
 
調べてみると
1(星)雛飾りは、女の子の健やかな成長と幸せを祈願する為のお祭りであるが、
 
2(星)女の子の災厄を引き受ける役目があり、いわば分身であり、守り神のような存在である。
 
1(王冠)従って、何歳になっても「雛人形を飾り続ける」事は、問題ない!との事
 
出来る限り飾られた可愛い雛飾りを楽しみながら、
 
今日の昼食はちらし寿司・菜の花の白和え・桜ようかんetcです梅
 
皆様、「うん美味しいきらきらしたハート」と言いながら食べたり食べさせてもらったり
 
市川さんは歌を歌いながら食べてる赤い感嘆符と疑問符「灯りを点けましょぼんぼりに~♪」
 
「大隈さん!美味しい顔は?」と言うと
 
「あんたも食べんね
 
「ありがとう!私はもう食べてきたから、大隈さん食べて!」
 
 優しいなぁ2つのハート 
         by スタッフ
 
 

社会福祉法人楽山会
〒855-0017
長崎県島原市江里町
乙2010番地1
TEL:0957-62-5328

■特別養護老人ホーム■

 
0
1
6
9
6
9
TOPへ戻る